読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいるりんぐ・やっほー

ネイル全般。たまに余談あり。Instagramやってます。アカウント@rumiko_rm 気が向いたらフォローしてくださいませ。

伊勢形紙(風)

去年の今頃からずっとやってみたいと思っていたネイルのモチーフがあって、なるべく新しい道具を買わずに手持ちのもので再現しようと思い続けて一年経ちました。

 

でもそれが、やってみたらかなりハードルが高くて、自分の中では本物に似せる以前の問題作となりました。(反省)

 

今回モチーフにしたのは、三重県鈴鹿市で生産されている伊勢形紙です。

(以下、ウィキペディアより引用↓)

伊勢形紙(いせかたがみ)は、着物などの生地を一定の柄や紋様に染色するために使われる型紙(孔版)の一つである。近年は図柄の芸術性が評価され、単に染色用の形紙だけではなく、美術工芸品や家具などに使用されることも多い。

 

 f:id:rm-5116:20170320164314j:image

 

久々の全面スタンピング。(柄は二種類)

形紙の色が赤茶色なので、同じ色のネイルカラーを探しまくったんですが、この色しかなかった…。

 

使用カラー

f:id:rm-5116:20170320164516j:image

左から OPI I50 charmed by a snake,

ネイルホリック GD003(※スタンピング用)

OPI infinite shine 3トップコート

 

ベースカラーOPI(I50)パールブラウンは確か廃盤になってると思います。ゴールドの微粒子パールがキラキラして美しいんです。

 

使用プレート 春の歌(born pretty)BP-L 003.

f:id:rm-5116:20170320164802j:image

f:id:rm-5116:20170320164819j:image

 

とりあえず伊勢形紙の写真をご覧になることをおすすめしますが(笑)

手持ちの道具では、伊勢形紙の世界観を表現するのに限界がありました。

一番良いのは柄を手描きすることだなぁと。

でもチャレンジして良かった。

 

 

 

 

 

 

 

秘密

やっとネイルしました!

好きなことが出来るって本当に有難いです。

久しぶりに爪で遊んで、思わず笑顔になりました。

タイトル、何やら意味深ですが、出来上がったネイルを見た瞬間に浮かんだのが「秘密」。

ミステリアスな雰囲気をネイルに込めたつもりです。

ただ、説明しないと伝わりづらいネイルでもあるので、最後までお付き合い下さい。

 

 使用カラー(右手)

f:id:rm-5116:20170314164230j:image

左から、ADDICTION Nessie,Sally Hansen white,ネイルホリック GD003

 

スタンピングプレート

f:id:rm-5116:20170314164411j:image

Moyou London holy shapes 08

 

ウォーターネイルシール(下段使用)

f:id:rm-5116:20170314164541j:image

 

f:id:rm-5116:20170314164643j:image

 

使用カラー(左手)

f:id:rm-5116:20170314164718j:image

左から、ADDICTION Out of the blue,Moyou 

London stamping nail lacquer cafe'au lait,OPI

Infinite shine 3 top coat.

 

使用プレート

f:id:rm-5116:20170314165021j:image

Moyou London literature stamping plate 02.

(※ウォーターネイルシールは上段の◯を使用)

f:id:rm-5116:20170314165215j:image

 

右手・左手ドッキング。

f:id:rm-5116:20170314170149j:image

①の女性「私、見たの。あなた、機密文書を持ち出そうとしたわね?」

②の女性「証拠でもあるのかしら?」

①「証拠なんてないわ!あなたの行動を見ていたらわかるのよ、私の前ではいつも何かを隠しているわ!他にも秘密にしていることがあるでしょう?」

②「(心の声→)…しまった、冷蔵庫のプリンを食べたって絶対に言えない…」

 

海外ドラマ、海外映画あるある。

(※プリンのくだりはない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KBShimmer 2016 冬の新色

お買い物記事。

最近、そればっかりでごめんなさい。

休日は家事で潰れてしまうため、作品らしいこと何一つやれてなくて。

ネイルを塗ってから、洗濯物を取り込むことを思い出した時の「あ…」っていう手遅れ感。

今まで何回味わったことでしょうか(笑)

 

KBShimmerの2016 冬の新色、買ってしまいました。

本当はこれがメインじゃなかった。

かかと用クリームを買うだけで良かったのに、送料無料にするためにポリ購入。

これだからやめられない。

 f:id:rm-5116:20170123155635j:image

まず、

・Ink Again…玉虫ブルー
・Take Me For Granite…白黒ホロ
・Tiers Of Joy…ベージュ×ピンクホロ
・Yeti Or Not…ホワイト×偏光シルバーラメ
A Walk In The Park-A…クリーム紫
・Chai-huahua…和レッド

 

※KBShimmerの公式サイトに全部掲載されてるので、細かい色の説明は省きます。

写真も綺麗なので、購入する際に非常に役立つかと。

 

一番欲しかった色がChai-huahua。私の中では和レッドと呼んでます。

レンガっぽい、といいますか、レッドで一番有名なのはOPIビッグアップルレッドという検定カラーがありますが、

これは鮮やかで透明感のあるレッドで、塗るとほんのり透けるのに対し、KBSの和レッドは透明感なし。

1950年代に活躍した映画女優さんが好んで塗っていたようなクラシカルな雰囲気を持つ色だなぁと。

 

 フット用クリーム

 

f:id:rm-5116:20170123155700j:image

 

左側はOPI ペディキュアスムース、

右側はクチオ キューカンバーヒールセラピー

クチオはリピート商品。

OPIは初めて購入。どちらも、かかとケア用の商品です。

フット用ヤスリで角質を落とした後に塗って使うものなんですが、どちらも保湿力が高くて、

スベスベになります。

(※クチオは以前に使用感等を書いた記憶があるので、今回は省略します。)

OPIの方は、やはり海外製品なので香りが強め。バナナのような甘い香りがします。

今回買った後に気づいたんですが、OPIの方はペディキュアスクラブという、角質を落とす際に使うクリームがあって、本来はそのクリームと一緒に使うらしいです…。

やらかしたー。下調べが不十分すぎた。

ま、いっか。

 

 ※追記   1/24

「クチオ キューカンバーヒールセラピー」と書きましたが、正しくは「CND キューカンバーヒールセラピー」でした。申し訳御座いません。

 

 

 

 

 

2017

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

新年最初の記事はお買い物記事です。

 

昨年からずーっと気になってた

Moyraさんという、メイドイン・ハンガリー

ネイル商材を販売しているメーカーさんのサイトを見てまして、インスタでも使用ポストが沢山上がってるんですが、遂に手を出した訳です。

ハンガリー製なので、芸術性の高いデザインが豊富です。

サイトを見たタイミングがよかったのか、日本人の爪のサイズに合わせたスタンピングプレートのミニサイズが販売してまして、

実際、他メーカーで似たような柄のプレートを持っておるのにポチりましてね(笑)

 

f:id:rm-5116:20170104230219j:image

 

↑写真の上段がプレート、下段はウォーターネイルシールです。

 

ウォーターネイルシールも現在未消化のものが沢山あるのにポチりましてね…。

物欲の恐ろしさを感じております(笑)

 

昨年後半は、殆どネイルが出来ずに終わってしまったので、今年はもっときちんと取り組みたいと思います。

マイペースな更新になると思いますが、

それでも良ければ是非また覗いてやって下さい。

 

 

 

 

 

近況など

たいへんご無沙汰しておりました。

前回更新から2ヶ月もあいてしまいました。

そんな中でも、毎日ココを覗いて下さった方々に感謝と御礼を申し上げます。

 

まず、更新がなかった2か月、色々書きたかったことというか、それなりにネタを用意してはいましたが、書く機会を逃しました。

そんな風に言うと、聞こえは良いですけど、

実は自分の中でSNS離れが急速に進んでまして。

わかりやすく言うなら、気持ちの中で「SNSめんどくさい…」ってなってるんですね(笑)

Instagramもフォロワーさんの投稿はチェックしますが、殆ど更新しないままですし、

ツイッターなんてもろに…。(←元々ROM専)

 

なんで、自分の中でめんどくさい…?ってなったのか、私なりに分析してみたんですが、

毎日仕事と家事やるだけで精一杯だったんですね。気持ちをSNSに向かわせる余力みたいなものが、全くないことに気付いた。

今まさにその状態。

なんなら、いっそ思い切ってブログ(SNS)なんてやめちまえ!って思ったりもしたけど、私はそんな潔さを持ち合わせていない。

やっぱりネイルは大好きなんですよ。

20代の頃は本気でネイリストになりたかったですが、それを諦めてからも精神安定剤みたいな

役割でいてくれますし。

 

とりあえず、ブログはやめませんが、

これからも更新がない状態が続くかもしれません。申し訳ありません。

 

最後に、今日でまた一つ歳をとり、

明日からの一年をどのように充実させるかと

すでに考えておりますが、難しいことは抜きにして、健康で、沢山笑って、あまり悩まずにちょっとずつ前に進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

天下分け目の関ヶ原

秋の旅@岐阜です。

最近、身内だけで栗きんとんを買いに行くというのが恒例化しつつあるんですが、

今年も買いに行きました。

まず、中津川市に行って栗きんとんを購入。

栗きんとんのソフトクリームを食べました。400円。ただの栗味かと思いきや、栗の粒がしっかり入ってて、優しい甘さ。美味しかったですー。

 

その後、大垣城へ。

f:id:rm-5116:20161021150629j:image

ここは1600年(慶長5年)9月15日(10月21日)に起きた関ヶ原の戦いの際、石田三成らが入城して西軍の拠点となった場所です。

関ヶ原の戦いに関する資料を中心に、火縄銃や槍、弓といった武具など実際に触れることができます。

f:id:rm-5116:20161021150642j:image

場内では、大垣城の事を紹介している映像が流れていたので、テレビ画面を見たら


石田三成CM<第一弾>

↑この動画と同じ三成の絵が出てきた(笑)そしてこのCMと歌が脳内BGMとしてしばらく頭の中をグールグル。

そんな大垣城を後にして、次に向かった先は関ヶ原町。

f:id:rm-5116:20161021150720j:image

ちょうど「関ヶ原合戦祭り2016」というイベントの開催日で、かなりの人で賑わってました。激コミって訳ではなかったですが。

そう言えば大河ドラマ真田丸」で描かれた関ヶ原の戦いは、合戦シーンがなく1分未満に終わった事が話題にもなりましたね。

何も知らずに会場近くにある会館みたいなとこに入ったら、真田丸の特別展示やってました。

 

f:id:rm-5116:20161021141902j:image

 

真田源次郎信繁、いましたよ。

他に、真田家の主要キャストのパネルもありましたが写真を撮りませんでした。

 

f:id:rm-5116:20161021150913j:image

忘れちゃいけない石田治部。その横には大谷吉継のパネルがありました。

甥っ子は、展示ブースに置いてあった赤い紙で真田の兜を作ってました。

他にはこんな。↓

f:id:rm-5116:20161021151414j:image

真田パパ、かっこ良かったなぁ…。

f:id:rm-5116:20161021151812j:image

↑そんな事言いながら実は、左下の武田勝頼様が一番好きだった。

 

そして、関ヶ原町歴史民俗資料館へ移動。

f:id:rm-5116:20161021151806j:image

↑パンフレットです。常設展示は勿論、関ヶ原の戦い。徳川に寝返った小早川秀秋の陣羽織やら、西軍・東軍の武将たちの資料が沢山。

入り口付近に、関ヶ原の戦いに関わった武将たちの肖像画が飾ってあったんですが、

そこになぜか北政所様の肖像画があって、心の中でツッコミを入れたのは内緒(笑)

 

ちなみに、私は元々戦国武将が好き!という訳ではありません。石田三成のファンでもないんです。真田丸を見ているから、少し詳しくなっただけなんであります。

和柄ネイルをやるようになってから、家紋にも興味がわいてきましたし、全ては趣味の延長というか、ネイルのネタ探しのため。

 

今回は大垣城関ヶ原と、石田三成を辿る旅みたいになりましたが、

大変充実したお休みを過ごせました!

帰る間際になって、翌日関ヶ原町に真田丸石田三成公を演じた山本耕史さんがいらっしゃると知ってちょっとショック!

でも、当日はかなり盛り上がったみたいで良かった。(地元のニュースで取り上げられてたのを見た)

 

 

 

 

 

 

 

 

俺たちの国芳 わたしの国貞

※ネイル記事ではありませんので、興味ない方はスルーして下さい。

 

舞台鑑賞前の時間を使って、浮世絵を見てきました。

名古屋ボストン美術館にて開催中の「俺たちの国芳 わたしの国貞」、通称「くにくに展」。

 f:id:rm-5116:20161019224926j:image

「くにくに」とは、浮世絵師の歌川国芳と歌川国貞を指します。

有名な浮世絵師が多数存在する中でも、特にこの二人が描いた浮世絵は人気が高いらしいですが、見終わってから、それがよくわかった気がしました。

 

元々、国芳も国貞もどちらも好きなので、どっちが一番良かったなんて決められないですが、現代の漫画やファッション誌に繋がるような身近な視点で浮世絵を紹介しているので、とっても面白かったし、かなり工夫された展示だなぁと思いました。

 

絵は勿論ですけど、絵を紹介する際のタイトルや説明がいかにも現代的で、そこも読み応えありましたし。

例えば。

f:id:rm-5116:20161019224951j:image

↑伊達男=クールガイ

f:id:rm-5116:20161019225022j:image

↑カブキスター・コレクション

 

椎名林檎さんかと。(え?

誰が見ても、どんな絵が描かれているのかがわかるタイトルなんですよね。

絵のテーマに合わせて粋なタイトルを付ける工夫、こういうのすごく好きです。

 

今回一番衝撃を受けた作品たち。

f:id:rm-5116:20161019225426j:image

f:id:rm-5116:20161019225434j:image

歌川国芳が描いたと思えないような、脱力感たっぷりの作品。

説明には「むだ書」(むだがき)とありました。落書きみたいなものですかね?

公式図録の説明文によると、「天保の改革により、役者絵や美人画に規制がかかり、絵師たちは新たなジャンルを見つける必要が生じた。趣向を凝らした題材がいくつも見出されたが、その中の一つが滑稽で、痛快な戯画であった」と。

衝撃のあまり、この作品を模したマステを買いました。

f:id:rm-5116:20161019230109j:image

 

あの人に宛てる手紙の封にでも使おうかと。

どの人なのかは秘密。