つめ

ネイル全般。たまに余談あり。

ふんわりスクエア&ドット

今回は、いつも普段着で使用している服の色合いからヒントを得て作ったチップ。

細かな部分は雑誌のデザインを参考にしています。

追記からどうぞ。
ここ最近、作ってみたいデザインが全然思い浮かびませんでしたが、

仕事の休憩時間とかにも、色々ネタ探しをしておりました。

あーでもない、こーでもない、と頭の中でうにゃうにゃ。ぐにゃぐにゃ。

そんな感じで鏡を見たら、意外なところにネタがゴロリ。

今わたしが着ている服の色でした。

♪直感だけでピンと来なけりゃ そんな気持ちはたいがい正しい♪byトータス松本ロッケンロール

↑まさにその通りでした。

という訳で、使用カラーなど詳細を書きます。


【使用カラー※写真左から】
■SKIN FOOD#BE002※明るめのスキンベージュ

■china glaze#80933(LIGHT AS AIR)※ラベンダー色
essie#686(CUTE AS A BUTTON)※和風なピンク
■ORLY・インスタントアーティスト(PLATINUM GLITTER)

CIMG0385_convert_20120910124959.jpg

【チップ完成写真】
CIMG0391_convert_20120910125040.jpg

【作成手順】
?SKIN FOOD#BE002を全体に2度塗り。
?親指・中指・薬指にマスキングテープを貼って、china glaze#80933を直線フレンチに塗る。
??の指のみ、フレンチの境目にラインテープ(ピンク)を貼る。
?人差し指・小指はessie#686&china glaze#80933を使ってスクエアの形になるように塗り分ける。
??の境目にORLY・インスタントアーティスト(アートペン)でラインを引く。
?親指・中指の先端に丸ホロ・ブラック(1.5?)をのせる。
?薬指の先端にessie#686を塗る。
?トップコート(セシェ)を塗って完成。

CIMG0392_convert_20120910125059.jpg

今回初めて使ったSKIN FOOD&essie#686。

SKIN FOODはボトルの形が可愛くて思わず購入。

「ばぶぅー」と言わずにはいられない。笑

essie#686は見た目、派手めなピンクなのでちょっと苦手かも?と思いましたが、

淡い色に合わせてみると意外に可愛いことが判明。

そういえば、着物とかのピンクってこんな色してますよね。

少し朱色がかったような和風なピンク。

レトロ柄にも使えそう。