読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいるりんぐ・やっほー

ネイル全般。たまに余談あり。Instagramやってます。アカウント@rumiko_rm 気が向いたらフォローしてくださいませ。

60〜70年代風?三角フレンチ(チップ)

前回に続いて今回もクッキングシートを使いました。

毎度のことながら「えいっ!」という勢いだけで作ってしまったので

テーマとか全然ない。

タイトルは完成したチップを見てふと思ったことをそのまま付けました。

まぁ、いつもそんな感じなんですがね…。


今回使用したポリはこちら↓↓

CIMG0498_convert_20121008185536.jpg

(左から)
■シャレドワ#28(マットホワイト)…ベースカラー

■China glaze#80743(GOTHIC LOLITA)…パール入りパープル

■ブルジョワ ソーラックウルトラシャイン#39

■China glaze#80737(AQUA DELIC)

OPI F20(we'll always have paris)…深みのあるワインレッド


■チップ完成写真↓↓

CIMG0502_convert_20121008185633.jpg


■作成手順

?クッキングシートにシャレドワ#28以外の4色を正方形に塗って乾かす。

?チップにシャレドワ#28(マットホワイト)を二度塗りする。

??で作っておいたものをカッターで正方形に切り、さらに縦半分、そのまた半分に切り、
三角形になるように全て切っておく。

(※切った状態の写真がこちら↓)

CIMG0499_convert_20121008185555.jpg

??で作った三角形をクッキングシートからはがし、三角形のフレンチになるように
重ねながら貼りつける。チップからはみ出した部分をはさみでカットする。

?チップの先端と根元部分にゴールドの丸カンを置き、その中にスワロ(ブラウン系)をのせる。


?チップ全体にデュカート長持ちトップコートをワンコート。乾いたらセシェ・ヴィートを
ワンコートして完成。


今回、配色の参考にした本がこちら↓↓

CIMG0500_convert_20121008185615.jpg

「配色バイブル」コンパクト版。

何年か前にヴィレッジ・バンガードで購入しました。

ネイルの参考になる本はないかと思って、店内を物色していたところ

偶然出会いました。

数えきれないほどの配色パターンに悩みつつ

いいな、と思った配色を参考にしました。

本に掲載されている配色と似た色のネイルカラーを引っ張り出して

クッキングシートにせっせと塗っていった訳なのですが、

全く同じ色ではないので、塗ってる途中、本当にその色でいいのかと不安になりました(笑)


CIMG0503_convert_20121008185650.jpg


以下、反省点。


OPIのF20、写真で見ると真っ黒にしか見えないけれど、本当は深みのあるワインレッドなんです。

今回は重ねて使っているためか、元の色の良さが全然伝わらなくなってしまった!(ごめんなさい)

黒ではなく、赤です。赤。


ブルジョワのマスタードカラーが、デュカート長持ちトップコートに弱いという事が判明。

チップの表面を刷毛でペタペタしないように気をつけて塗ったけど、

時間が経つと色がヨレたというか、縮んだというか…

シートに塗った時に色が均一になってなかったせいなのか…

部分的に溶けてしまって、デュカートとは相性が悪いみたいです。

見苦しいのであえて写真にはうつさないようにしました。笑