読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいるりんぐ・やっほー

ネイル全般。たまに余談あり。Instagramやってます。アカウント@rumiko_rm 気が向いたらフォローしてくださいませ。

China Glaze On The Horizon

ブログ

カラーの上から塗って使用する、いわゆるエフェクト系と言うのでしょうか、そんな類いのポリを買ってみたんですが、
元々、前から注目していたものの、やっぱり要らない?と思い留まり、カートに入れず2年経過。

そのポリは2013年に発売したChina Glaze On The Horizon コレクション。
確か限定品だった記憶が。

なぜ買ったかと言うと、マリポサでSALEをやってたんですね。
これ目的ではなかったんですが、他のポリを見てる時に、そういえば…あれ、まだあるかな…?と急に思い出しまして。
それで、チャイナのポリのページを閲覧してたらまだ販売してたんで、気になった色中心に4本買いました。

上段左から、All a flutter,Flock together.
下段左から、Light as a feather, You're a hoot.

販売当時、海外ブログでのスウォッチを見た時は、なんだか面白そう!的な印象を受けましたが、日本では殆ど話題にならなかった、…というか、
日本でネイルブログを運営されている方で、このポリを記事にした方をお見かけしなかっただけなんですが、
(※検索しても見当たらなかった)
もし、「アタシこのポリ持ってるわよ!記事にしたわよ!」って方、ご連絡下さい。謝罪します。エア土下座します。

ポリの特長はホログラムじゃなくて、細長いフレークがぎっしり。Featherと書いてあるので、羽・羽毛をイメージしているらしく、塗ってみるとそれがよくわかりました。
液質は少しもったり。ホログラム入りのポリにありがちな刷毛につかない(拾わない)というイライラはなく、ストレスフリー。
きっと、フレークが細長いからなんでしょうね。フレークがボトルの下のほうに溜まってても、底から刷毛をすくい上げる感じにすれば、かなりくっ付いてくれますし。
ただ、これ単体では使えません。
いや、ベースコートの上から塗ってみりゃわかる事なんですが、大事な事だから再度言いますけども、本来は
何か好きなカラーを塗っておいて、その上から塗り重ねて使う。

という訳で、ベースカラーを何色か変えて実験してみました。チップに適当にカラーを塗って、その上からチャイナを重ねただけですが。

まず、チップのベースにマットホワイトを塗った場合。

※ボトルの写真と同じ順に並んでます。全て2〜3度塗りしてます。

よーく見ると、フレークが2、3色入ってるのがわかります。
黒いフレークはひじきに似た感じが否めない。(ごめんなさい)

↑色々バージョン。
?はパープル、ピンクベースにAll a flutterのみを重ね塗りしたもの。

?はダークカラー(ブルー・ブラック)ベースにAll a Flutter(※ブルーチップ)、 You're a hoot(※ブラックチップ)を重ね塗り。

?・?は白黒以外の色で遊んでみただけで特筆することはない。

ベースカラーの違いで、だいぶ雰囲気が変わりますよねー。All a Flutterだけ、黒フレークが入っていないので、
合わせやすいかもしれません。
写真?の左のチップ(パープルベース)なんかは、ただ塗っただけなのに手の込んだネイルに見えるから不思議。
これ、意外に可愛いなぁと思いました^^。

トップコートを塗る時は、厚みの出るセシェが一番良いです。セシェじゃなくて他のトップコートを使う場合(※あまり厚みが出ないトップコートを指します。)その場合は3度塗りして、フレークが完全に埋まるぐらい厚みを出したほうが、ぷっくりしてて可愛いと思います。