読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいるりんぐ・やっほー

ネイル全般。たまに余談あり。Instagramやってます。アカウント@rumiko_rm 気が向いたらフォローしてくださいませ。

冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏

お買いもの記事 パート1でご紹介した、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を模したウォーターネイルシールを使ったネイルです。

{CC5CB739-CA8E-4ABA-8C7B-A646F6DE4F01:01}




ちょっと余談ですが、現代のハイスピードカメラで波しぶきを撮影して、その写真とこの作品を重ね合わせると、ほぼ同じ構図になるそうです。絵と写真がほぼ同じって、凄すぎてピンと来ませんが、彼が天才絵師と呼ばれた意味がよくわかります。

使用カラー(左から)
Nubar Classic Camel,Mundo de Unas(Light Gold)※スタンピングポリ



使用アイテム
La Vita E Vella1986 water nail decals 【The Great Wave Of Japanese Sea】



プレート
MoYou London SUKI 04.


北斎ネイルシールのサイズがちょうど良くて、フレンチスタイルにしてみました。
というか、この形だったらフレンチにしか出来ないかも(笑)
悩みどころだったのは、ベースカラーでした。事前に手持ちの「大浮世絵展 公式図録」をめくって、実際の絵がどんなもんかを確認したんですが、日焼け(経年劣化)してる紙だから白じゃなくてクリーム色に変色してます。
波の下の方に、影みたいなグレーが着色されてるんですが、これを完璧に再現するのは至難の技。
なので、ベースは劣化した紙の色という事でベージュ、その上から同系色で波文様の柄をスタンプしたら、
北斎の絵が引き立つかなぁ?なんて思ったんですね。

ベージュにこだわらなくても良かったのかもしれないけど、北斎の作品により近づける方法として選びました。
ちなみに、波文様のスタンプは、私の完全なオリジナルです。作品を見ればわかるけど、本物は背景に何も描かれていませんから。
北斎の浪の躍動感を出すための演出です。(^^;

ウォーターネイルシールは、水につけて大体20秒〜30秒で剥がれました。使用前に爪のサイズに合ったものを選んで、それで余分なところ(※爪からはみ出てしまう部分)を事前に切ってから、水につけて貼りました。
貼った後は、ヤスリで更に爪からはみ出た部分を削って、遅乾トップコートのデュカートをワンコート、乾いた頃を見計らって、セシェを塗って完成。

という訳で、葛飾北斎に敬意を込めた浮世絵ネイルでした。