つめ

ネイル全般。たまに余談あり。

vividLacquer プレート テストスタンプ

だいぶ前ですが、スタンピングネイルのブログを運営されている「Nails by Cassis」のカシスさんが、「新品のスタンピングプレートは、表面が欠けていたり凹みがあったり、稀にハズレ品が届く事があるため、テストスタンプは必ずやりましょう」と仰ってまして、スタンピングネイルをやり始めた当初からその教えを守ってきた(つもり)なんですが、

今回のようにテストスタンプの事を記事にあげることは、かなり久しぶりになります。

下手くそですけど、最後までお付き合い下さいませ。

 

道具はこちら。いつも使ってるもの。

f:id:rm-5116:20160813163100j:image

 

スタンパーは2種類。左上がUberChic beautyのサイトで購入したCreative shopのスタンパー、右側がFAB UR NAILS 。それと、スクレイパー。(UberChic beauty )

 ※スタンピング用に使ったポリッシュは

MoYou London white knight,essie メタリックシルバーとブルー。

※2種類のスタンパーを使用したのは、柄の大きさによって使い分けた事と、もう一つの理由は後述にて。

 

f:id:rm-5116:20160813163945j:image

↑曲がっててごめんなさい(笑)

 

f:id:rm-5116:20160813164214j:image

↑こちらは【vl 013】プレートの蜘蛛の巣、線が細いので、上手くピックアップ出来るか不安でしたが、プレートに塗るポリッシュの量を少し多めにしたら割と上手く出来たかな?

 

f:id:rm-5116:20160813164415j:image

 

↑こちらは【vl 007】プレートのボンド。

少々かすれてますが、まあまあ上手くいった。

 

vividLacquer プレート テストスタンプの総評。

・全体的に彫りが深い

・線が細い柄はポリッシュを多めに塗れば問題

   ない(と思われる)

・スクレイプの力加減はやや軽めが良い

    (プレートの表面を撫でる感じ)

 

最後にスタンパーの相性について。

今回は使い慣れてるUC製とFAB製のスタンパーを使いましたがらどちらも問題なく使えました。

スタンパーは下準備(表面のバッフィング)さえしっかりやれば、ピックアップ出来るはずですし、(※透明スタンパーは除く)使いやすいと感じるスタンパーは人それぞれ違うと思うので、「このメーカーが一番良い」などの表現を避けました。

まだまだ沢山練習しなきゃ。