読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねいるりんぐ・やっほー

ネイル全般。たまに余談あり。

最近涙したこと(※雑談)

※ネイル記事ではこざいません※

 

お題「最近涙したこと」

 

お題スロット、ちょっと良いかもと思えてきたこの頃。

それに、今日のお題は湿っぽさ満点。

それでも良ければ、最後までお付き合いください。

 

最近涙したこと…うーん、

直近で言うと先月でした。

ドラマを見ていて涙を流したのです。

自分でも驚くぐらい自然と涙がこぼれて、

見た後、少し背中を押してくれた気がします。

…良い涙を流したと思う。

 

ドラマの劇中である女性が、心から信頼していたもう一人の女性に向けて語りかける場面で、

(※台詞を少し割愛しますが↓)

 

「人を好きになることって 絶対裏切らない。

人を好きになるって 勝手にこぼれるものでしょ?

こぼれたものが 嘘なわけないよ。

心が動いたら 前に進む。

好きになった時、人って過去から前に進む」

 

という台詞が本当に素晴らしくて、勝手に涙がこぼれたんです。

…劇中と同じではないけれど、自分も少し前に似たような出来事を経験したからか、その時の感情と、劇中の台詞がリンクして、胸が一杯になってしまった。

まず、「人を好きになるって こぼれるもの」という表現にすごくしびれたのです。

隠そうと思っても隠せない。

だから、勝手に「こぼれる。」

…なるほどなぁって。共感を越えました。

 

最後の「心が動いたら 前に進む。好きになった時、人って過去から前に進む」

ここは一番涙を流した。 

でもそれは、「悲しい」とは違う、「嬉しい」に近い涙。

…都合のいい捉え方かもしれないけど、もしかしたら自分は、この言葉を誰かに言って欲しかったのかもしれない、なんて思ったりもして。

そう思ったらどんどん泣けてきて。

苦しかった時、心のどこかで遠慮しながら誰かに思い切り甘えることをせずに無理して笑ってたんですが、

あの台詞を聞いた時、

そうするしか出来なかった自分を否定せずに、

初めて「それで良かったんだ」と思えた。

自分にそっと寄り添うように背中を押してくれたあの言葉は、多分これからもずっと

心の中で大切にしていくのだと思います。

好きな言葉が増えました。